2016
03.12

中学生の年代の不眠や体の怠さの改善

こんにちは「てくてく」です〜

睡眠の不調や頭痛、全身のだるさ等を訴えて、
中学生くらいの子が来院されることがしばしばあります


ある一人の女の子は
つらい便秘やだるさ、そして不眠がありました

いつものようにカイロプラクティック検査をして受けた印象は
体幹が少し弱いかな、というものでした。


もともと運動が苦手ではあるようです。
でもそれは骨格のアンバランスさからくるものだというのも
すぐに感じました。


骨格が整えば、立っているときに使う筋肉が変わってくるので
本当に必要な筋肉は自然と強化されます。
自律神経が受けている圧迫も減るはずで、便秘や不眠も解消されるはずです。

なのでしっかりと矯正していけば大丈夫だと感じました


そんなわけでカイロプラクティックによる検査と矯正の繰り返し


改善計画の序盤は本当に少しの改善の変化しか感じられませんでした。

しかし1クールも後半にさしかかると、
少しずつ体幹の強化が感じられるように
(ふにゃふにゃしていた体も
少しずつしっかりしてきたように感じます

それとともに不眠と、かなりきつかった便秘が
急激に改善されていきました

体自体も元気になってきて、だるさも減ったようでした

よっしゃ〜

これからも体調の安定に向けてがんばりますよ〜
(まだもう少し体が変化する、体調の浮き沈みが出やすい時期が続くと思うので)




余談ですが、
中学生くらいの子がこのような不定愁訴でこられる場合に
共通している事柄がある、と感じています。


一応自分のひとりの見解ですし、あまりオープンにはしずらいことですので
個別に相談に来られた場合にアドバイスできたらな、と思っています



スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top