--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.15

忙しい人に出た腰痛

夏や秋は旅行にもってこい
患者さんでも旅行に行かれる方が多いですね〜


さてさて、右の腰が痛くなって来院されたAさん。
右の腰といっても股関節の前側(足の付け根ですね)から
後ろ側のお尻にかけて痛みがあるという状態でした。


骨格の可動性の検査をします。
(これは裏を返せば、どこの関節が詰まっているかを調べる検査になります)
いろいろな関節を動かしてみて、右の腸骨の動きが気になりました。
あまり動きません

腸骨というのは、手を腰にあてたときにあたる「こしぼね」のことです。
骨盤を構成しているサイドの骨です。
ここが動かないということは骨盤の関節に詰まりが
あるということを示唆しています。

普通この骨が矯正ポイントになることはあまりありません。
まず考えるべきは正中線上にある背骨やその下にある仙骨になりますので。
ですがAさんの場合は明確に「メッセージ」を感じられたので
すぐにこの右腸骨が原因だと確信できました


といっても正中線上にある背骨にもいくらか動きの悪い骨が
ありましたので、そちらからの矯正となりました。
3回ほど背骨の矯正にあて、その後から骨盤を矯正しました。
(背骨は交感神経、骨盤は副交感神経と繋がっており、
同じ日に両方の施術をすると効果を打ち消してしまいます。
また、血圧に異常がない場合は交感神経に関係する箇所から
調整するのが鉄則となっています


そんなこんなで1クールでほとんど痛みはなくなりましたので、
あとはメンテナンスで大丈夫かなと思っているところです



Aさんも仕事に旅行にと張り切った結果の腰痛でした
でもこれって、毎日バリバリ動いている証拠ですよね。
そういう方のためにこれからもがんばって
皆さんのつらい症状を取り除いていければと思っています





右の腰まわりが少し前から痛くなったAさん。
腰回りといっても股関節の前側(足の付け根ですね)から
お尻まで結構痛みが出ていました。


いつも通り検査をさせていただくのですが、
ずっと気になっていたのは、右の腸骨でした。
腸骨はサイドの「こしぼね」のことです。
これが少し前倒し気味になっているんですよね〜


と言っても、まずは体の中央にある背骨や
仙骨という骨を先に調整していきます
やっぱり正中線って大事ですからね
それらの骨が整ったら、やっと腸骨の調整になります。


ここをバシッと、というかビシッとというか
シャっと整えると、右側の腰からお尻あたりに
広がっていた痛みが取れていきました。


あまりこの骨が矯正ポイントになることって少ないんですよね。
順序があるためにAさんにとっては
症状が軽減されるまでに少し時間がかかってしまいましたが
今後のことを考えれば(Aさんの長期的な健康を考えれば)、
ベストな施術が遂行できたのではないかと思います。

スポンサーサイト
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。