2016
09.22

女性の方の肩こり改善!

Category: 肩こり
こんにちは、「てくてく」です~

当院には様々な患者さんがいらっしゃいますが、
やはり一番多いのは肩こりで起こしいただく
女性の方だと思います。

凝りは当然、筋肉にできるものですが、
では、なぜできるかを考えると、
それはやはり「骨格のバランスが崩れているから」と
いうことになります。

骨格のバランスが適正でないために
代わりに筋肉ががんばるようになり、
こわばってしまうんです

背骨って多少前後に湾曲しているのですが、
(いわゆるS字カーブってやつです)
その湾曲がありすぎてもなさ過ぎても体への負担は大きくなります

肩こりに悩んでいる女性の方は
やはりこのどちらかのパターンである場合が多いですね。

また、医療機関に行くと
「ストレートネック」と言われたりします





6月初旬の頃から来ていただいているSさん(20代女性)は
高校生の頃からずっと、肩こりで悩まれていました。
(主訴は肩こり、他には腰痛など)

いわゆるストレートネック、腰に近い背骨と、
首・肩付近の背骨がだいぶズレており、
前後の湾曲が減って背骨がまっすぐになっていました。


女性の肩こりの場合、内臓も重要なポイントになるため、
実際の施術では骨格をメインに進めていくか、
内臓をメインとして進めていくか、
ということを判断していくことになります。

Sさんの場合は自律神経系の不調が少なかったこともあり、
骨格調整をメインに施術を進めていくことにしました

神経に通行止めが発生していないかの検査や骨格の構造的な検査などを行い、
矯正(すべき)ポイントを見極め、アプローチしていきます

これを3ヶ月に渡って繰り返していきました。

実際の経過としましては、
1~2回目で肩こりが取れると、
その後からSさんはどちらかというと腰痛を強く訴えるようになり、
3回目以降は肩こりに加えて腰痛もかなり意識しながら施術する、
といったような流れになりました。
(1番辛い症状が取れてくると、
2番目に辛い症状を強く感じるようになることがあります。
こういうことって割とあるんですよね

5~6回目くらいではほとんどの症状が改善していたので、
全体を見つつ、肩こりのために首を見たり、
腰痛が発生している箇所を注意深くケアしたりしていきました


ただ、症状はもう本当に無くなっているのですが、
それとは別に骨格の根本的な修正はもう少し時間がかかるという印象でした。


ストレートネックも、ゆっくりなペースになるかもしれませんが、
これから更にほぐれていくことと思います


なので、これ以降の施術に関してはSさんにお任せということにしました。

とりあえず症状は無くなりましたのでここで一区切りでも構いませんし、
健康に関心があるなら、もう少し深い改善を目指すのもいいと思ったのです

結局Sさんはメンテナンスという意味あいも含めて
たまに施術を受けられるという選択をされました。

まあ、その方がしっかり治っていきますからね、
いいと思います

施術を始めたころと違って、
それほどこまめに来院される必要はありませんしね


自覚している症状だけでなく、
中心からの改善まで見据えていらっしゃるので
施術者としましても、とてもやりがいを感じます

これからもがんばります~



肩こり患者さん




スポンサーサイト
Comment:0
2016
09.09

タブレットの使用はくれぐれもご注意を!

Category: 肩こり
こんにちは〜「てくてく」です

パソコンやスマホって、よく使いますよね
楽しいですよね

最近施術をしていて感じることは、
そういったデバイスの中で
タブレットが一番肩こりに繋がるんじゃないかな〜ってことです。

仕組みに関しましては
実際の施術の際にでもお伝えいたしますが、
やっぱり背骨って、背中が丸まるような姿勢を取ると
歪みが大きくなるんですよね

パソコンに向かっているときや
スマホを見ているときでも
かなり背中が丸まると思いますが、
タブレットは一番姿勢が悪くなるような気がします

人によって閲覧時の姿勢は
差があると思いますので一概には言えませんが
タブレットのときは机にタブレットを置いて
顔をかなり下に向けて閲覧する、
というケースが多いのではないでしょうか。

スマホは片手で持ってもそれほど重くないので、
手で持ったら、
そんなに首も曲がらないと思います。

タブレットをメインで使っている方で
結構厄介な四十肩になっている方もいらっしゃいます
くれぐれもご注意くださいね

まあ、どの機器を使うにしても、
注意していただくことに越したことはないのですが

でも、タブレットは圧倒的にシェアが少ないですよね。
大きさが中途半端なのかな~。

背骨のゆがみを軽減するセルフケアとしては
背筋を反ることが一番いいのではと思います。
(というか、他に方法がないかも

反り腰の方などは痛みが出る場合もあるので
注意しながら行ってくださいね




Comment:0
back-to-top