2016
07.13

すごく変化しやすい、余談を許さない下半身の痛み!

こんにちは~「てくてく」です

今まで、なかなか改善が進まず、
最近少しずつ安定して痛みが無くなってきた
患者さんがいらっしゃいます。


Kさん(50代女性)は右太ももの後ろからすねにかけてのつらい下肢痛を患っていました。

病院で様々な検査をしても何もわからず。
おそらく椎間板ヘルニアを見越して色々と検査したと思うのですが
何もわからなかったとのことでした


当院で検査しても実は同じような反応でした。
Kさんは特定の痛みがでる動き以外は全く痛みが出ないのです。
神経の検査をしたり、動きの検査をしたりと色々やりましたが
あやしい反応がほとんどありませんでした。

それでも、何か原因があるはずです
しばらくは検査して硬かったポイントを解除する、
(徒手療法では硬いポイントを解除することが最も大切なセオリーです)
という施術を繰り返しました。

それでもなかなか首尾がよくありません。
たまに改善が進むときがあるのですが、だからと言って以降の施術で、
その時の施術方針のまま施術を進めても症状の改善が進まないのです

なので最初の1クール目は本当に試行錯誤の連続でした。
良くなったからと言って油断することなく、
毎回毎回細心の注意を払って検査を行い、
改善すべきポイントを探っていきました。

それでわかったことは
Kさんは関節が特にやわらかい状態になると
痛みが出やすい、ということでした。

一般的に、やわらかい関節は痛みが出やすいです。
そしてそれを解決するには、それと対角線上にある
硬い関節をほぐすことが必要になります。

Kさんが難しかったのは
この硬い関節を少しでもほぐしすぎると
この関節も痛くなるということです

ちょっとでも関節が緩み過ぎるとすぐ痛みが出るのです。
状況がとても変化しやすいのです

これに気付いてからはとにかく色々な関節を
バランスよく固定していくことに重点を置きました。

一つのポイントだけに注視していても解決にはつながりません。
もともとゆるくなっているところと硬くなりすぎているところ、
その2か所を常に意識して同じくらいの硬すぎず柔らかすぎない
硬さに固定するようにしていきました

今は2クール目の序盤~中盤にかけてという段階です。
(だいたい10回目ですね~)
試行錯誤の甲斐あってほとんど痛みが無くなってきました

途中では結構痛みが出ていたこともあったと思いますが、
1クールであきらめずに続けてくださったことが
この改善につながったかなと思います


こちらはいつか必ず良くなると思って本気でやってますので、うまくいったのかな。
(じゃあ、早めに良くせいやと言われそうですが……



とにもかくにも、これからもたくさんの方の下肢痛が無くなるように
がんばっていきます
よろしくお願いいたします






スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top