2015
12.07

左腰痛で悩まれた患者さん〜坐骨神経痛〜

みなさん、こんにちは〜
結構寒くなってきましたね
体調には十分気を付けてくださいね〜

今日は腰痛の患者さんの改善記録です。

Kさん(30代女性)は左の腰骨のうしろ側がとても痛く、悩んでおられました。
後でお話しを伺ったところ、
当初は朝起きる際、ふとんから這って出なければならないほど
辛い状態だったそうです

最初の1、2回の施術では
痛みの場所から考えて、骨盤の関節が原因なのではと目星をつけておりました。
骨盤の関節がゆがんでいると、腰骨から股関節まで
色々な問題が出てくることがあります。
なので、その可能性を考えたのです。

しかし、その施術結果はあまり芳しくありませんでした
1、2回の施術でも通常の腰痛でしたら多少の反応があるものです。
ですがKさんの場合は、そのような反応が全くありませんでした。

改善計画の方向性を変更せざるを得なくなりました。

「どうしたものか」としばらく考えた後、
少し別の側面から体を調べてみようと思い立ちました。

行ったのは筋力検査。
いくつかの筋肉について、力を入れることができるか調べていきました。

これによってある特定の筋肉に関して、
あまり力が入れられないことが分かったのです

この「力を入れることができない状態」というのは
単純に「筋力が弱い状態」とも考えられますが、
もう一つの可能性として「神経が圧迫を受けている状態」
とも考えられるのです。

神経が圧迫を受けていれば、特定の場所が痛むこともありますし、
脳から筋肉へ送られる「力をいれろ」という命令がうまく届かず、
筋肉弱化が起こることもあるんです

つまり痛いということと、力が入らないということはこの場合、
同じことが原因になっているのです。
医療機関での診断でいうところの「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」ってやつです。
(カイロプラクティック院ではそのような「診断・診察」はできません。
あくまでカイロプラクティックの観点から検査をして、
医療機関での考え方の枠で判別してみるとこれかなと考えている、ということです。)

ということで3回目の施術以降は筋肉弱化を取り除くような施術
(「椎間板ヘルニア」状態を解消していく施術)に切り替え、
結果的になんとか腰痛の軽減にこぎ着けることができました


実はKさん、11月の終わりに沖縄へ引っ越しされるということが決まっておりました。
期限が2か月くらいしかなかったので、最初は「マジか!」と思いましたが
まあなんにせようまくいって良かったです

でもでも、
最後の施術に来られたときに腰の中央部分が痛いという普通の腰痛が残っていて
それからどうなったかだけが気になっているのですが、どうなんでしょう……

Kさん、良くなりましたか〜??
(たぶん良くなってるのでは、と思ってますけどね


まあ椎間板変性でなければ、一般の治療院でもある程度は改善できると思うので
なんとか乗り切ってほしいところです。
(椎間板変性となると、改善できる治療院がある程度限られてくるので
Kさんにアドバイスしたいな〜。
まあ当分は大丈夫でしょうけど
自転車には気を付けてくださいね〜

Kさんに言われたこと
「先生、血液型なんですか?」
「えっ、Bですけど」
「あ〜、わかります、わかります。」
「へっ何でですか?何がですか?
……おかしいですね、私ここではA型ぶってるんですけど」
「あ〜、わかります、わかります。
それもわかります」
「……」


Kさん、沖縄でもがんばってください〜




スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top