--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.18

トリガーポイントに着目し、様々な痛みを解決!

Category: 施術
こんにちは〜
日々、色々な施術法に関して思索にふけるてくてくでございます

皆さん、トリガーポイントという言葉知っていますか?
健康に興味のある方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。
最近ちょくちょく取り上げられることがありますね!

筋肉に何かのきっかけで負荷がかかって傷が作られ、
そこにイオンなどが集まって硬くなることがあるのですが
それをトリガーポイントと言います。
筋肉を触っていると、少し硬くなった部分があるのでよくわかります

トリガーポイントを押すと、他の場所にまで痛みがひびくときもあります
(イヤですね〜

骨格を矯正していってもどうしても残ってしまうのがトリガーポイントです。
骨格や内臓へのアプローチと並行して
このトリガーポイントを取り除く施術をすると
予想以上に早く痛みが取り除けたりします


腰痛と頭痛で来られたHさん(30代、女性)の場合、
骨格と頭蓋骨の調整と並行して
頭の後ろ側のトリガーポイントを解除していったところ
頭痛が少なくなりました


また肩痛と顎の不調で来られたTさん(20代、男性)が
頬に痛みが出て来院された日があったのですが、
口元の筋肉にあるトリガーポイントを解除したところ痛みが取れました

顔面痛の方ってそんなに多くないので
この時はトリガーポイントを特定するのに時間がかかってしまい
(Tさん、すみませんでした〜


他にも、肩こりの方の場合などは
トリガーポイントが存在することが多いですね。


トリガーポイントを取り除く為には
いったん指でその場所を抑えて血の巡りを止め(20秒くらい)、
その後一気に流すという方法が有効です
うまく、見つけられれば皆さんにもできるかも


ただし、その後には
筋肉をストレッチすることがとても大切になります。
ストレッチすることで再発の可能性を少なくする事ができますので
トリガーポイントがあった筋肉の動きを見極めて伸ばすといいですよ〜
(どういう動きをすればその筋肉が伸びるのか、みつけてください


本当はただ伸ばすだけでなく、
あまり筋肉が傷つかないような
生理学的に正しいストレッチの仕方がいいのですが、
それはちょっと難しいので
当院での施術の場合にやらせていただきますね〜
(ただ普通に伸ばすだけでも効果はあるので大丈夫ですよ〜)


体がどこか痛むようなことがありましたら、
ぜひぜひお気軽にお問い合わせください〜




スポンサーサイト
Comment:0
2015
02.06

便秘、自律神経の不調

Category: 婦人系
もう2月?
ていうかもう2月6日?
早い、早すぎるな!
皆さん、氷で滑ってないですか~。気を付けてくださいね


今回は便秘についてです(イキナリ)。
来院にあたっての一番大きな症状というわけではないんですけれど、
施術を何回か重ねていきますと「そういえば便秘が解消されてきました」と
おっしゃっていただくことが多いんです。
少しずつ改善してくことが多いです、この症状
(体調不良はみんなそうかな

原因は一つではないような気がしています。

まずはダイレクトに、腸の運動性が悪くなっていることが考えられます。
便がつまりやすい箇所というのは腸の最後の部分だったり
小腸と大腸の接続部だったりと、いくつか候補が決まっています。
(詳しいことは施術の際にお伝えしますね

当院では動きの悪い内臓に関してはオステオパシーの手技など
を活用しほぐしていきますので、
消化器系の器官に対してもしっかりと効果が出ます


その後に考えなければならないポイントはやっぱり骨格のことですね~。
骨盤や背骨がゆがんでいますと内臓に余計なプレッシャーがかかりますから。
これは例によって、症状に関係なくゆがみのある部分を無くしていき
健康な骨格に戻していきます。
カイロプラクティックの本業ですね、得意分野


さらにもう一つ、便秘には自律神経が関係していると言われています。
基本的には交感神経(昼間活動する際に働く神経)が優位に働くと
便秘になる傾向があると言われていますが、
個人的には自律神経は交感神経と副交感神経両方のバランスが取れていることが
重要なのではと思っています
自律神経に関しましても骨格や頭蓋骨へのアプローチから改善をはかります。
神経はかなり骨格の近くを通っていたりするので、
骨格のゆがみから圧迫を受けることが多いんです
骨格と神経は密接に関係しています


最近の当院での患者さんのお話しですと、
薬を飲まれていない方や軽度の便秘の方などは3~4回で違いが実感され、
薬を飲まれている方は1クールの最後の方で
「2、3錠飲んでいたのが1錠になってきました」という報告をいただきました~


まだまだ施術に関しては改善の余地がありそうです。
神経学や内臓マニピュレーションの研究をふまえ
技術の向上を図っていきたいと思います
(永遠の勉強だな



Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。