2014
07.25

腰痛について考えます

去年くらいから腰痛に悩まされている会社員のOさん(20代男性)のお話しです。
歩くときに痛くなるんです

腰痛っていってもやっぱり色々な種類があります。
骨盤の辺りが痛かったり、背骨の下の方が痛かったり

当然、痛い箇所によって対応方法は変わってきます。

それでOさんの痛い箇所はどこなのか伺ったところ、
骨盤の右側の関節部分でした。
(仙骨という骨と腸骨という骨で作られた仙腸関節という関節です)


ここで注意が必要なのは痛みが出ている側の関節に
アプローチをしてもあまり意味がないということです。
Oさんの場合、左側が硬くなったために、
その補正作用で右側が過剰に動きやすくなっており、
その不安定性で痛みが出ていると思われます。
(これは検査してわかります

というわけで骨盤だけを取り出して考えた場合、
腰痛の原因としてよりあやしいのは
左側の硬い方の関節になります。


もちろん骨盤だけでなく、背骨についても考えていきます。
骨盤だけでなく、もっと複合的に考えて
骨盤の左側が硬いのは背骨に原因があるかもしれないとも
考えていくわけです


また内臓にも注意していきます。
結構、内臓も重要で、
硬くなっている部分を解放することで
症状が軽減するケースも往々にしてあります
Oさんの場合は胃の上部が硬くなっていました。



硬いところを解放するという基本概念は
骨でも臓器でも一緒です。
硬い箇所が他の正常な部分を引っ張ってしまっているわけですから


Oさんは今4回目ですが、少しずつ改善されてきています。
(結局Oさんに関しては背骨と胃の上のヒダが問題のようですね〜)


日常生活でも痛みがあまり気にならなくなってきたとのこと
とりあえずほっとしています


このまま、もう少し続けていって施術間隔を空けていければ
いいなと思ってます





スポンサーサイト
Comment:0
2014
07.18

当院の施術の二次的な効果!

Category: 体全身・全般
こんにちは〜
今日はなんだか少し涼しいですね〜
でも湿度は相変わらず……


てくてくは開院して、はや1年ちょい経ちましたが、
開院当初から利用してくださっている方が何人かいらっしゃいます。
(とりあえず症状は落ち着いていて、現状はメンテナンスという形ですね


そういう方にお話を聞くと、
当初悩んでいた症状の軽減だけではなく、
それ以外の体調の変化も起きていることがわかりました

ある方は
「そういえば例年に比べて花粉症の症状が
ひどくなかったのですが、そういう効果もあるのかな」
と言ってくださったり、

また別の方は
「今年の夏は今までよりすごく汗をかくんです」と仰っていました。
汗をかくことは、まあ不快で嫌だと思うかもしれませんが
それだけ代謝が活発になっているということなんですよ


他にも
”漠然と”「疲れなくなった」や
「そういえば最近、生理痛が軽くなったかも」
という声も頂いております

(まあ、「おまえの施術が原因で変わったかは、わからないじゃないか」
と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、
生活の中で他に大きな変化が無ければ、ちょっとは当院が
関係していると考えてもいいのではないでしょうか〜



当院では
体の免疫機能を回復させたり、
体の組織のしなやかさを取り戻したりすることを
念頭に置いた施術を行っています。

これはその時だけ症状を取るのではなく、
皆さまの体自体を症状に対抗できるものに変えていく、ということです。

そのため体全体の抵抗力が上がったためだと思われます




皆さん、ぜひこれからもうまくご自分に合ったやり方で
てくてくのカイロプラクティックをご利用いただければと思います〜


それでは、また〜




Comment:0
2014
07.05

肩こりの改善が見られて一安心

Category: 肩こり
なかなか改善が見られなかった肩こりの患者さんが
やっとよくなってきました

ちょっと前の記事でも書いたのですが、
最近は肩こりや背中の張りで悩まれている方が多く来られています。

みなさん結構、順調に改善していたのですが、
Iさん(20代女性)だけ、なかなか改善していませんでした。

でも辛抱強く続けた結果、
最近やっと楽になってきたとのこと
朝起きるのが楽になってきたみたいです
とりあえず一つの山は超えたようでヨカッタヨカッタ


肩こりに対する当院の施術法としては
肩部分の筋肉を直接ほぐすということもしますが、
それよりも骨盤から体を安定させ、
全身の筋肉の緊張を取り除いていく方法に主眼を置いています。

その方が体自体も健康になっていき、
効果も長続きしますのでね

Iさんはかなり背中の張りがきつかったので改善までに時間が
かかったと思われます。

あとこれはプラスアルファのことなのですが
患者さんの生活スタイルも多少改善のペースに影響を及ぼす場合もあります。
Iさんはおうちでごはんを食べているときやテレビを見ているときなどは
床に直接座るような生活スタイルだったそうです。
それを足のある椅子に座るような生活に変えたところ
「ちょっと良くなったかも」と感じられたそうです

日々の生活の「体束縛力」は相当なものです。
漫然とした体の不調が取れない方は
少し生活スタイルを見直してみるといいかもしれません




Iさんは前に通われている治療院で全然変わらなかったとのことで、
「当院では結構改善している方も多いので大丈夫だと思いますよ〜」
と案内させていただいていました。
そういう経緯もあったので、
やっと改善の兆しが見えてきたときはうれしかったです〜
(今は2クール目に入ったところぐらい)



てくてく「Iさんワールドカップ見てるんですか〜?」
Iさん「まあ、ニワカなので結果だけですけどね〜」
てくてく「今回は日本代表残念でしたね〜」
Iさん「そうですね〜、女子の方は調子いいのに」
てくてく「? そうですね〜。この前のアジアカップも」
Iさん「優勝しましたもんね〜」
てくてく「……Iさん、本当にニワカですか?」
Iさん「ニワカですニワカ」
てくてく「でもちょっと前のこととはいえ、アジアカップのこととか覚えてますかね〜?」
Iさん「ニワカですニワカ」
てくてく「本当ですか〜?」
Iさん「ニワカです」
「……」
「……」


Iさんとはよくまったりとした会話をさせてもらっています。
もう少しIさんの体調がよくなるようにがんばっていきます




Comment:0
back-to-top