--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.07

急性腰痛と慢性腰痛をしっかり区別して施術!

こんにちは~「てくてく」です

皆さんのお近くの桜はいかがでしょうか?
桜ヶ丘の桜はまだまだ残っておりますよ~



いつもメンテナンスなどで当院を利用していただいている
Aさん(80代女性)なのですが、
ひと頃、草むしりをして急な腰痛を起こしてから
腰痛がなかなか治らない、という時期がありました


前から施術させていただいている方でしたので
当然要注意ポイントは把握しているつもりでした。


しかし、結局この急性に近い腰痛を取り除くのに2回の施術を要しました


つまり腰痛を起こした後の最初の施術では
なかなか改善に近づけられなかったんですね。


その後、色々と検査をし直してもう1回施術を行ったところ
腰痛はかなり改善されました


どうやらいつもと違う場所がズレていたようでした
いつものAさんならズレるであろう骨がズレておらず、
それの一つとなりの骨がズレていたんですね。



通常の慢性腰痛と異なり、
急性症状の場合はいつもと異なる場所が
変調をきたすことがあります。


まさに緊急事態

臨機応変に体をしっかりと治していくには
やはりしっかりとした検査が必要になります。
検査によっていつもと違う異常箇所を探しました



みなさんも施術院を探すときは
まず最低条件としてしっかりと検査をする施術院を
探してくださいね


それでなければ、本当の治療はできませんからね~


※ちなみにこの患者さんの場合は
日ごろのメンテナンスの一環として腰痛を取り除きましたが、
(日ごろの改善した下地があるため非常に短期間で処置できました。)
初めて当院を利用される場合にはもう少し時間をかけて
計画的に施術していくことになります。





スポンサーサイト
Comment:0
2015
03.05

寝ているときも痛かった腰痛

去年の夏ころから腰痛で通院されていたYさん、
今ではだいぶ体調が良くなってきました
(ずいぶん、通われていると思うかもしれませんが、
今はもう、1か月に一度点検に来られるくらいの感覚なのです。
だから2クール以内ですよ~


Yさんが最初に来られた頃は、すごく状態が悪く、
左右で腰の高さが違っていたり骨盤もかなり後ろ倒しになっているような状態にでした

仰向けに寝ていただいた際も、
Yさんとしてはまっすぐにベッドの真ん中に寝ているつもりなのですが、
実際にはすごくずれているということも多かったんですよね~
(体のバランスが悪い人に多いです)


施術では、少しずつ骨格のゆがみを取り除き、
それと同時に体全体の筋肉の緊張も取っていきました

後ろ倒し気味の骨盤を元に戻すこともかなり意識しましたが、
筋肉をほぐすことを一番意識していたように思います。
(もちろん、ただやみくもに「ここが固そうだから、ほぐしちゃえ」ではなく
しっかりと検査したのちに種々のアプローチをしていますよ

具体的には、体の前側では小腸、
後ろ側では骨盤の中央の骨である仙骨に注目していきました。
前から小腸を中心にほぐしていき、その後に仙骨を矯正していきます
皆さんの中にも、背中が丸くなって骨盤が
後ろ倒し気味になっている方って結構多いと思います。
そうすると腰や背骨の負担が大きくなり腰痛になりやすくなります。
気が付いたときだけでも、姿勢をよくするように心がけましょう
椅子に座っているときは足を前に出さずお尻の下に折って入れるようにすると
楽にいい姿勢が保てますよ
(頭や背骨のラインの延長線上に足もある感じ)


最初はそれこそ1週間おきに施術しました。
すぐには変わらずとも施術を2、3回と繰り返していくと
「今日はちょっと楽になった気がします」というお言葉をいただくようになりました


少しずつ状態が良くなり、施術間隔が2週間おきになり、
そのうち3週間おきになりました

3週間おきになってすぐのころは
施術に来られときに
「最後の方(施術に来る前の数日間)はちょっと痛くなっちゃいました」
と仰っていたのですが、
もう一回3週間おきで試したところ
「今回はあまり痛くなりませんでした」とのこと

そうすると次は1か月間隔にすることができます
そして、ここまで来ればほとんど大丈夫です


この前の施術の際に、Yさんがフッと漏らした言葉……
「こちらに来るまでは本当に痛くて眠れないときもあったんですよね~」


そうだったんですね~
そこまでの症状だったか……(すみません最近までわかっておらず
でも、それでもここまで回復する

私は勝手に一人で「ここまで良くなったんだな~」としみじみしてました
本当に症状が軽減されてうれしかったです


これからも皆様の不調を取り除いていくためにがんばっていきますので、
宜しくお願いします



Comment:0
2014
09.27

ぎっくり腰について思うこと

天気のいいお休みの日っていいですよね

祝祭日や日曜などの日にはよく
ぎっくり腰(急性腰痛)の方が来られます

最初にぎっくり腰になったときってみなさんびっくりですよね
本当につらいと思います。

ただ、急性の症状というのものは一気に全てが取れることもないですが、
その代わりに日に日に症状が軽くなっていくものです。

てくてくとしましては、
ぎっくり腰を起こしてしまう人が考えなければならないことは
今現在の痛い症状をどうするかということよりも
「ぎっくり腰を起こしてしまうこの体の状況をどう改善していくか」
ということだと思うのです


急性腰痛というのは筋肉が頑張りすぎている状態が続き、
そんななかでふと緊張が解けたり、
気を抜いたような瞬間が訪れたときに起こることが多いです。


なぜ筋肉が頑張りすぎている状態が続いているかというと、
それは体のバランスが悪さに起因しています。

体のバランスが悪いため、
骨格が体重を十分に受けきれておらず、
本来骨格が負担しなくてはならない体重の一部を
筋肉が受け持たなくてはならなくなっているのです


ぎっくり腰を何度も繰り返してしまう人が多いのは、
筋肉の負荷が大きくなっている体の状況が変わっていないからです。


なのでぎっくり腰になってしまったとき、
その症状は1週間ほどで取れると思いますが、
(取れなければ体はよりつらい状況かもしれません
がんばって体全般を改善していくには
ぎっくり腰が取れてからが本番になると思います



ぎっくり腰がよくなってから
本当の施術をはじめましょう〜



Comment:0
2014
09.15

忙しい人に出た腰痛

夏や秋は旅行にもってこい
患者さんでも旅行に行かれる方が多いですね〜


さてさて、右の腰が痛くなって来院されたAさん。
右の腰といっても股関節の前側(足の付け根ですね)から
後ろ側のお尻にかけて痛みがあるという状態でした。


骨格の可動性の検査をします。
(これは裏を返せば、どこの関節が詰まっているかを調べる検査になります)
いろいろな関節を動かしてみて、右の腸骨の動きが気になりました。
あまり動きません

腸骨というのは、手を腰にあてたときにあたる「こしぼね」のことです。
骨盤を構成しているサイドの骨です。
ここが動かないということは骨盤の関節に詰まりが
あるということを示唆しています。

普通この骨が矯正ポイントになることはあまりありません。
まず考えるべきは正中線上にある背骨やその下にある仙骨になりますので。
ですがAさんの場合は明確に「メッセージ」を感じられたので
すぐにこの右腸骨が原因だと確信できました


といっても正中線上にある背骨にもいくらか動きの悪い骨が
ありましたので、そちらからの矯正となりました。
3回ほど背骨の矯正にあて、その後から骨盤を矯正しました。
(背骨は交感神経、骨盤は副交感神経と繋がっており、
同じ日に両方の施術をすると効果を打ち消してしまいます。
また、血圧に異常がない場合は交感神経に関係する箇所から
調整するのが鉄則となっています


そんなこんなで1クールでほとんど痛みはなくなりましたので、
あとはメンテナンスで大丈夫かなと思っているところです



Aさんも仕事に旅行にと張り切った結果の腰痛でした
でもこれって、毎日バリバリ動いている証拠ですよね。
そういう方のためにこれからもがんばって
皆さんのつらい症状を取り除いていければと思っています




続きを読む
Comment:0
2014
08.21

奥さまは肩こり、旦那さんは腰痛

暑いですね〜

こんな暑いなか、
Kさんご夫妻には
揃って当院を利用していただいています。
ありがとうございます

お二人の症状は
奥さまは肩こり、旦那さんは腰痛です。

奥さまの肩こりは比較的すぐに良くなりました。
当院の施術の中ではブロックテクニックが効いたのかな。
上半身を中心にかなり楽になるんです

そんなわけで、かなり早い段階で
お二人には「旦那さんメインでやりましょう」とお伝えしました。
(奥さますみません……

旦那さんの腰痛は
骨盤と背骨の境目のようなところ(腰仙関節といいます)
から痛みが発生していました。

それと骨盤がすごく右上がりだったんですよね。
これは骨盤自体がゆがんでいますし、
周囲の筋肉も張っていることを示唆しています

なのでこれを整えていきました。

整えるといっても、当院では無理矢理
物理的に骨盤を水平にするようなことはあまりしません。

背骨と骨盤を含めた骨格系全体の中で、
どこが一番諸悪の根源かを見定め、
たとえそこが骨盤や痛い場所から離れていても、
そこを矯正すれば少しずつバランスがとれてくるはず、
と考えて施術を行なってます。

そんなわけで背骨から始まった施術も
今では少しずつ骨盤に移行しています。
腰痛もだいぶ軽減してきました
(そろそろ通院間隔を空けられそうだな〜と思っているところです)


これからもご夫婦そろって症状がなくなっていくように、
計画的に施術を進めてゴールを目指したいと思っています




Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。