--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
05.03

顎関節障害と頭痛が改善した患者さんに写真を撮らせていただきました!

Category: 顎関節
こんにちは~「てくてく」です

去年、頭痛と顎関節の痛みでお越しいただいた患者さん(Tさん20代女性)に
最近になってもう一度、腰痛で当院をご利用いただきました。

もちろん顎関節周りの障害はそのときすっかり解消されたのですが、
改善した際の写真を撮らせていただこうと思っていたのに
当時はすっかり忘れてしまったんですよね

なので今回、以前の症状に関して写真をとらせていただきました~

gakukansetu



腰痛の施術件数は多いですけれど、
顎関節障害はそれほど多くはないので、
ぜひ写真を撮らせていただきたかったのです


それでもそれでも、
今回の腰痛の症状も取れないままですと
なかなかお願いもしずらいものがあります

なので、今回の腰痛もしっかり改善させてからお願いしましたよ~


Tさん!姿勢に注意し、ヘルニアにならないようにお気を付け下さいね~

もちろん今のところはヘルニアになっているわけではありませんが、
Tさんの背骨がもともと少しヘルニアになりやすい形をしているので、
日ごろから注意してほしいなと思っています


頭痛や顎関節周辺の痛みに関しても、今のところまったく無いそうです
実際、頭の骨も含めて変にバランスを崩していたり
緊張している、という箇所は見受けられませんでした



ちなみに顎関節障害の施術では私はほとんど顎関節自体への
アプローチをしませんでした。
前にも書いたことあるかもしれませんが、
顎関節は骨の中でいうと体の中心からは遠い骨に位置付けられます。
骨盤や背骨という、体の根幹をなす部分が整えられれば
自然と外側の末端部分といいますか飾り部分といいますか
そういった箇所のゆがみは自然に減っていくんです



Tさん、今回は写真ありがとうございました~




スポンサーサイト
Comment:0
2015
11.06

顎関節がカクカク鳴る症状がなくなりました

Category: 顎関節
こんにちは〜、てくてくです。

今回はタイトルにもありますように顎関節の障害についてです。
顎がカクカク鳴るという顎関節症を患っていたNさん(20代男性)の
症状が改善され、晴れて卒業となりましたので
それを記念して

Nさんはアゴが鳴るという以外の症状はなく、
また顎関節以外の、例えば腰痛等の症状もありませんでした。

しかし初回施術時に拝見させていただいた姿勢は相当悪かったです
胸部より上の部分がかなり後ろ方向に倒れていました。

顎関節は側頭骨という頭の骨と顎の骨の関節ですが、
側頭骨の土台となっているのは後頭骨という骨になり、
また後頭骨の下には背骨があります。
そしてもちろん背骨を支えているのは骨盤になります。
つまり顎関節を整えるためには、
頭だけでなく体全体の歪みを取り除かなければなりません

もちろんNさんへのアプローチも同様でした。

とにかく最初の2〜3回は顎関節にはほとんど触れず、
体のバランスを整えることに重点を置きました。
わかってはいたのですが最初の3回くらいはNさんにとっては
全く変化が感じられないので、こちらとしてもちょっとハラハラ
(しょうがないんですけどね〜

そのうち体全体のバランスが整えられていくなかで、
少しずつ顎関節へもアプローチしていきました。

まずは関節(つまりは骨について)にアプローチするのではなく
関連する筋肉のこわばりを取り除くようにしました。
筋肉が短縮していると骨の状態がわからなくなることが多いですから、
筋肉をほぐすことはやっぱり重要になってきます

それから少しずつ、関節への直接的なアプローチを強めていきます。
各骨の相対的な位置関係や関節のつまり具合などをチェックしながら
問題の一つ一つを取り除いていきます。
(顎関節は横方向のずれもありますし、前後方向のずれもあります。
その辺を色々とチェックしないといけません。
とっても困りますね〜

あせらず計画的に施術を進めて
最終的には1クールでNさんの顎関節の症状は無くなりました
良かったー


Nさんは顎関節も心配ですが、
始めてこられたときの姿勢の悪さがとても印象に残っています
日々の生活の中でまた不良姿勢にならないといいな〜。

気を付けてくださいねー



Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。