2015
02.06

便秘、自律神経の不調

Category: 婦人系
もう2月?
ていうかもう2月6日?
早い、早すぎるな!
皆さん、氷で滑ってないですか~。気を付けてくださいね


今回は便秘についてです(イキナリ)。
来院にあたっての一番大きな症状というわけではないんですけれど、
施術を何回か重ねていきますと「そういえば便秘が解消されてきました」と
おっしゃっていただくことが多いんです。
少しずつ改善してくことが多いです、この症状
(体調不良はみんなそうかな

原因は一つではないような気がしています。

まずはダイレクトに、腸の運動性が悪くなっていることが考えられます。
便がつまりやすい箇所というのは腸の最後の部分だったり
小腸と大腸の接続部だったりと、いくつか候補が決まっています。
(詳しいことは施術の際にお伝えしますね

当院では動きの悪い内臓に関してはオステオパシーの手技など
を活用しほぐしていきますので、
消化器系の器官に対してもしっかりと効果が出ます


その後に考えなければならないポイントはやっぱり骨格のことですね~。
骨盤や背骨がゆがんでいますと内臓に余計なプレッシャーがかかりますから。
これは例によって、症状に関係なくゆがみのある部分を無くしていき
健康な骨格に戻していきます。
カイロプラクティックの本業ですね、得意分野


さらにもう一つ、便秘には自律神経が関係していると言われています。
基本的には交感神経(昼間活動する際に働く神経)が優位に働くと
便秘になる傾向があると言われていますが、
個人的には自律神経は交感神経と副交感神経両方のバランスが取れていることが
重要なのではと思っています
自律神経に関しましても骨格や頭蓋骨へのアプローチから改善をはかります。
神経はかなり骨格の近くを通っていたりするので、
骨格のゆがみから圧迫を受けることが多いんです
骨格と神経は密接に関係しています


最近の当院での患者さんのお話しですと、
薬を飲まれていない方や軽度の便秘の方などは3~4回で違いが実感され、
薬を飲まれている方は1クールの最後の方で
「2、3錠飲んでいたのが1錠になってきました」という報告をいただきました~


まだまだ施術に関しては改善の余地がありそうです。
神経学や内臓マニピュレーションの研究をふまえ
技術の向上を図っていきたいと思います
(永遠の勉強だな



スポンサーサイト
Comment:0
2015
01.03

謹賀新年!そして生理痛について

Category: 婦人系
新年明けましておめでとうございます
今年もどこよりも体が健康になる施術院を目指し
精進してまいります


今年のお正月はですね〜
元日に本家や実家にあいさつに行き、
明くる今日、1月2日は
家でゆっくりとしていたのですが
奥さんが突然の生理痛に襲われました


奥さんについては骨盤を中心に定期的に
メンテナンスを行なっているので
最近はそれほど酷い腹痛はなかったのですが
今日はなかなか辛そう。


おそらく昨日親戚の本家の家に行った際、
雪の降る中、家の外のガレージで
ネギの水洗いと皮むきを命じられて凍え(笑)、
それから家の中に移って、すっかりと温まり、
(結構激しい温度変化)
おいしいものを目一杯食べ過ぎていたので
この辺が原因なんじゃないかと思っています


もう腹痛が始まってしまったので
それほど大きな刺激は与えられませんが
少しでも緩和できればと思い自宅で施術開始。


まずは大まかに体のどの辺りが硬くなっているかを探索します。
(グローバルスキャニングと言います。)
ある程度予想はしていましたが、
下腹部の中央からやや左より、
左のそけい靭帯の近くが硬くなっているようでした

そこを念頭に施術を開始します。


まずは横隔膜の緊張を和らげます。
横隔膜は胸とお腹を仕切っている筋肉です。
呼吸するときに上下することで有名ですね。
つまり、横隔膜は腹部スペースの蓋にあたるんです。
蓋部分の筋肉が短縮していれば、
中身(腹部、骨盤部に収まっている内臓)も
ぎゅうぎゅうに圧迫されて苦しくなりますよね


横隔膜が緩まりましたら、
次は骨盤部分の関節を動かしていきます。
あまり大きく動かせないですけれど、
ゆっくりと関節を閉じたり開いたりと動かしていきます。
骨盤の関節からアプローチして圧迫を減らしていくわけです


その後に下腹部周辺にある腸をほぐしていきます。
腸の動きに追随しながら
少しずつ凝り固まった内臓を緩めていくんです。


皆さんもご自分の内臓や骨に手をあてて、
静かに意識を集中してみてください。
ゆっくり動いているのがわかりますから
(難しいかな……


そして最後はやはり頭の骨を緩めます。
発生学的に考えて、
骨盤と引っ張り合っているというか、
骨盤の骨と影響し合っている骨が頭の骨にもあるんです。
なのでその骨の動きを観察し
動きが悪ければ解放していきます


施術はこれで終了です。
ひどい腹痛はなんとか取り除くことができたようでした。
施術前に比べてずいぶん落ちついているのが
わかりましたので


ちなみに奥さんがネギをむいているとき、
私は隣で親戚の人が持ってきた氷漬けのカニを
ひたすら切っては焼き、切っては焼きを
繰り返していました。


ええ、もちろんガレージでね。
あれは本当に寒かった
でも何故か男衆はだいたいみんな外だったな




かに




Comment:0
2013
12.04

便秘・生理痛

Category: 婦人系
こんにちは~みなさまお元気でしょうか?
風邪などひいてないでしょうか??

今回取り上げるのは生理痛と便秘です。
(正直言って、私が男性のためかこの症状で来られる方は少ないのですが……)

30代のHさんはお腹がぽっこりしてしまうくらいの便秘で悩んでいました。
生理になると緩和されるのですが、
今度は逆につらい生理痛に悩まれるそうです。
特に初日と2日目がつらいようでした。


この二つの症状は骨盤に問題がある場合が多いです。
Hさんの骨盤をチェックすると左の腰が前に、
右の腰が後ろに行っているという具合にねじれていました。
関節の動きも良くないです。
あと骨盤全体が若干後傾しているようでした。
(これがよくないんです!
骨盤が後ろに倒れるとお腹の筋肉や靭帯がさぼるようになります。
そうすると子宮が全体的に下に落ち込んでしまうのですが、
生理時にはこの傾向がさらに強くなって、周辺が緊張状態になってしまうのです)

ということで毎回のようの骨盤のゆがみ・関節を調整する施術を行ないました。
それと腸の動きが活発になるような刺激も加えていきました。


Hさんには「特に生理痛は変化を実感するのに時間がかかる症状なので
週に1回ほどのペースで少し気長に来てもらえませんか」とお願いしました。

結局3クール来てもらいましたが、
便秘は最初の1ヶ月ほどでかなり解消され、
生理痛の方も3か月くらい経ったときには
つらい痛みはほとんどなくなりました。


少しでも良くなって、本当に良かったです。
つらいと日々の生活が憂鬱になっちゃいますもんね

Hさん大好きなアイスとケータイゲームはほどほどに




写真は本文と全然関係ないですけれど、チラシを配っているときに撮影した柿の木。
柿








back-to-top